機能ご紹介

かご落ちを減らしてコンバージョンを上げたい

効率的なかご落ちを減らす方法は「画面遷移数を減らす」こと!

日本の平均的なショッピングカートは、ランディングページから申込完了までに、平均で“8つ”のページの遷移があります。

せっかくお客様がランディングページでその商品に興味を抱いたのに、
とても面倒くさい“8つ”のページを遷移しないと申込を完了することができない。

申込完了までに遷移するページが多いと何が起きるかというと、
せっかく広告とランディングページで商品の購買意欲を高めたお客様が、商品に対して急激に冷めていく。
そしてページ遷移が進むたびにバケツの穴から水が漏れるように、
どんどんお客さまが離脱していってしまい、誰も申込完了ページまでたどり着きません。

繊維

画面遷移数を減らして、コンバージョン数アップ!

この通称“カゴ落ち”と呼ばれる離脱を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単。
単純にランディングページから申込完了までの遷移を短くすれば良いのです。

つまり、ランディングページからショッピングサイトのカートにつなぐ構造をやめ、
ランディングページと「申込フォーム」を“一体型”にしてしまうと結果的に遷移数は減ります。

1.ランディングページの中に申込フォームを設置する。
2.お客様がこれに記入したら“入力内容確認ページ”に遷移する。
3.その次の“申込完了ページ”で終了。

というシンプルな構造にすることで、お客さまはたった“3つ”のページ遷移で申込みを完了できるようになり、
劇的にランディングページのコンバージョン率が上がります。
つまり成功するランディングページを作るには、
・いくつもの遷移から3つの遷移に変えること
・申込フォーム一体型Ⓡのランディングページへ変えること
これにより、コンバージョン数は劇的に上がります。

hulo-mu

※「申込フォーム一体型」は特許庁商標登録済み商標です。 登録商標第6041909号

一覧に戻る