資料請求する

機能ご紹介

必ず見てもらえるフォローメールを作る3つの方法

フォローメールの開封率を上げるためには?

フォローメールのごみ箱行きを避け、開封率を上げるには、
「見た目」「性格」が重要になります。

一般的に現在の日本人が1日に受信するメールは平均30通越えと言われ、
そのうえ流通メールの8割以上が迷惑メールという調査報告があります。
今のお客様はメールを受信した際、8秒以内にそのメールを開封するか開封しないかを判断し、
そのメールを読むか読まないかを判断しているのです。
そんな中で、フォローメールの開封率を上げようと思えば、
やはり「見た目」「性格」が重要になるのです。
ここを工夫することで、フォローメールの開封率は劇的に上がります。

それでは、「必ず見てもらえるフォローメールを作る3つの方法」をご紹介します。

①フォローメール送信者名は「個人名(企業名)」にすること!

どのフォローメールを開封するか直感的に判断する際、ふるい落としの条件となるのが、「送信者名」です。
多くのフォローメールは「送信者名」を「株式会社○○」などと企業名で記載しています。
そのため「ただの広告フォローメール」と認識され生存率が低くなってしまいます。
ただしお客さまは、フォローメールの向こう側に人間性を感じたとき、「何も確認せずに破棄する」ことはしなくなります。

そこでオススメしたいのが送信者名に「個人名」を入れること。
それにより、お客さまはそのフォローメールを無視できなくなり、開封率は劇的に上がります。

図7

②フォローメールの件名は「業務連絡風」にすること!

多くの企業は「件名」を目立たせようと煽りすぎる傾向にあります。
しかし、派手な件名は売り込み広告と認識され無視されてしまうのです。
フォローメールの開封率を上げる件名とは、業務連絡風のような件名です。
友人から来るフォローメールのような普通の件名にすれば、フォローメールの開封率は劇的に上がります。

図2

③フォローメールの「見た目」や「性格」で良い「第一印象」にすること!

送信者名や件名を改善して開封率を上げたとしても、
肝心のフォローメールの中身を読んでもらわないと意味がありません。
そのためには本文の第一印象が重要になります。
「見た目」「性格」がダメなフォローメールには共通点があります。

「ダメなメール」の共通点

×絵文字や装飾文字が多用されている
×URLの貼り付けが多い
×あらゆる商品(やキャンペーン情報)を単純に羅列している。

図3

上記のように、「いかにもセールス」だからダメなのです。

逆に読まれるフォローメールは、友人や取引先から来るメールと同様、
一人ひとりに語りかけるようなフォローメールなのです。
他社のフォローメールに紛れないような人間性を演出した
「見た目」「性格」の良いフォローメールの7つのポイントはこちらです。
—————————————————————————————————————
1.絵文字や装飾文字を多用しない

2.URLはせいぜい1~2ヶ所に貼付

3.顧客が見込み客になった時の商品に限って購入を勧める

4.冒頭で「個人名」を名乗っている
例)□□さま、こんにちは。
今後、□□さまを担当させていただきます株式会社○○の山田花子と申します。

5.単語の羅列ではなく「書き手の言葉」で記述する
例)先日は、△△にお申込みいただき、ありがとうございました。

6.顧客の個人名も「文中」に記述する
例)私自身も半年前から愛用している商品なので、
□□さまにも気に入っていただければうれしいです。

7.用件以外の話題もあり、『人間性」が伝わってくる
例)先日、前から気になっていた代官山のカフェに入ったとき…
—————————————————————————————————————
一番に意識すべきなのは、
「顧客を1人の人間として捉え、売る側も人間として対話のシチュエーションを醸成していくこと」です。
メールマーケティングにおいては、お客さまが「必要なタイミング」でフォローメールを送り、
送信者名、件名、メール本文で人間性を演出し、お客さまが「申込みしやすい方法」を提供するだけで、
「捨てられないフォローメール」は「読まれるフォローメール」へ、
そして「信頼を得られるフォローメール」へと進化し、結果的に引上率やリピート率を劇的に上げることができるのです。

「売れるネット広告つくーる」なら、
開封率が高いフォローメールを配信することが可能!

「売れるネット広告つくーる」なら、
原稿を当てはめていくだけで簡単にフォローメールを作成することができます。

上記でご紹介したノウハウを取り入れた原稿を作成し、
開封率の高いフォローメールを設定してみてください。

さらに『売れるネット広告つくーる』なら、

“消費サイクル”に合わせてフォローメールの配信が可能
フォローメールからワンクリックで申込みが可能

なため、引上率・リピート率も上げることができます。

このように、「売れるネット広告つくーる」を用いてフォローメールを配信すると、
「開封率の高いフォローメール」へと進化し、
結果的に引上率やリピート率を劇的に上げることができます。

フッター画像

一覧に戻る